インディーズ?メジャー?,アイキャッチ画像

インディーズ

インディーズとメジャーの違いは?レーベルと事務所についても

インディーズバンド、メジャーバンドってよく聞きますが、実際のところ何が違うのか?と気になりますよね?

そこで今回は、インディーズとメジャーの違いは何なのか?

また、レーベルと事務所の違いについてもお伝えしています。

スポンサーリンク


インディーズとは?

インディーズとは、簡単にいうと大手(メジャー)に所属しないでCDなどの音源を独自に制作(自主制作盤)・販売をしている会社やプロダクションのことをいいます。

インディーズのメリットは、大手のように売上や規制に縛られないので自分たちの好きなことができるということが最大のメリットだといえます。

 

逆にデメリットは、大手ほどの販売力、営業力などの面では弱いので全国的なプロモーションや販売などは難しいかと。

しかし、現在はネットやSNSからの情報発信があるので、プロモーションとしては昔ほど差は無いと思われます。

 

メジャーとは?

日本でのメジャーを簡単にいうと、日本レコード協会に入会しているレーベルのことをいいます。

欧米だと、ユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナーミュージックは、メジャー3大レーベルで、日本にもあります。

インディーズ・レーベルで活動していたバンドやアーティストが、メジャー・レーベルに勧誘されたりして、作品の制作や販売などのために契約を結ぶ。

そうして作品をリリースすることで「メジャーデビュー」となります。

 

メジャーでのメリットは、大きなプロモーションや販売力。

デメリットは、インディーズ・レーベルのように自分たちの好きなようにできなかったり、規制があるので制限されてしまうことだといえます。

 

日本レコード協会 正会員

  • JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  • キングレコード
  • テイチクエンタテインメント
  • ユニバーサル ミュージック
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • ワーナーミュージック・ジャパン
  • 日本コロムビア
  • 日本クラウン
  • 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • ポニーキャニオン
  • バップ
  • ビーインググループ
  • エイベックス・エンタテインメント
  • フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • ドリーミュージック
  • よしもとミュージックエンタテインメント
  • バンダイナムコアーツ

 

ryumei
「メジャーデビューしたら、おとなしくなった!」は、あるある。

 

スポンサーリンク


インディーズとメジャーの違いは?

インディーズとメジャーの違いですが、簡単いうと日本レコード協会に所属しているか否かです。

インディーズ・レーベルは、大小様々な会社がありますが、ユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナーミュージックの3大メジャーのような大規模な会社ばかりです。

当然ながら、規模の大きいメジャーの方が販売力、プロモーションなどの力が強いので売上力はかなり違ってくると思います。

しかし、MONGOL800のようにインディーズ・レーベルでもオリコンTOP10の常連だったりアルバム「MESSAGE」は約280万枚を売上げ、インディーズ・レーベル史上最高の販売枚数を記録しています。

 

レーベルと事務所の違いは?

レーベルと事務所って、同じように捉えてしまいがちですが、全く別の物です。

また、レーベルとレコード会社も同じだと思われていますが、これもまた別の物です。

 

まず、レーベルですが、レーベルはレコード会社の傘下にある組織で、企画やCDなど音源作品の制作を行っています。

そして、出来上がった作品をレコード会社がプロモーションや販売を行います。

また、アーティストが契約しているのも正確にはレコード会社ではなく、レーベルの方になります。

 

ちょっとややこしいので、これが間違いやすい原因ですね。

 

事務所は、アーティストのマネジメントを担当している組織であり、ミュージシャンやバンドなどはレーベルと同じことが多いです。

 

 

インディーズからメジャーへ

ryumei
インディーズからメジャーへ行ったバンドについてryumei独自の視点で考えてみた。

インディーズバンドは、昔から好きでいろんなバンドのライブにも参加してきたのですが、そんなインディーズバンドが、メジャーデビューするとなると寂しく感じるryumeiです。

メジャーデビューすると音響機器や施設が格段に良くなるせいか、インディーズ時代の荒削りな音が無くなってしまうバンドが多いです。

X JAPANが、まだXとしてインディーズで発表した名盤「Vanishing Vision」とメジャー第1弾の「BLUE BLOOD」は、極端に変化していると明確にわかります。

また、デスラッシュ・バウンドという独自のスタイルで有名な「AION(アイオン)」も、インディーズ時代は荒削りで「これぞデスラッシュ・バウンド!」という感じでしたが、メジャーデビューすると、X JAPANのようなキレイな音になってしまいました。

レーベルの都合や、多くの人にも聞いてもらえるような音にするというのはわかるのですが、インディーズ時代の音が大好きだったryumeiとしては、本当に寂しく感じます。

 

インディーズの良いところは、小さなライブハウスだとバンドとの距離がめちゃめちゃ近く、バンドのメンバーとも身近な距離で会話できるという良いことだらけにように思います。

ライブ後の打ち上げも、参加できるのは最高ですね!

 

まとめ

今回は、インディーズとメジャーの違いは何なのか?また、レーベルと事務所の違いなどについてもお伝えさせていただきました。

まとめると

インディーズ→大手に属さないレーベル、自主制作など。

メジャー→大手のレーベル。

レーベル→所属、音を作る組織。

事務所→アーティストやバンドのマネジメント。

上記のような感じになるかと。

 

インディーズといえども、大きなレコード会社はありますが、販売力においては大手の方が明らかに強いので、インディーズからメジャーへ行くのは自然な流れだと思います。

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


-インディーズ
-, , , ,

Copyright© RYUMEI , 2020 All Rights Reserved.