Webzine for ROCK / LOUD / METAL
 
 
 |  COLUMN |  INTERVIEW |  NEWS |
COLUMN | INTERVIEW |  NEWS |
 
 

【第26回】メジャーデビュー1周年ライブをやったのさ

毎度のKazでございます。
先月書いたワンマンも無事終了!
最高でした。
 
メジャーというフィールドに上がって、はや一年。
ツアーをし、メディア露出をし、
進化したVorchaosをお見せできたのではないかと思っております。
 
天井のオブジェ!
照明!
今までにないセットリスト!
一周年の特別なライブでしたが、それ抜きにしてもハイパー楽しかった!
 



 
事前に、同じくこの「LOUD exPRESS」で連載中の、LAST MAY JAGUAR のVo. yuricaさんによるコラム『LOUD STREAM』でも、Vo.淳がインタビューで色々話してくれていましたが、やっぱりバンド続けていると色んな事があるんですよ。
楽しい事もあるし、5人もいれば意見も多いし、合わない事もありますし。
でもね、いつでも5人の出す音を信じてやっていれば、なんとかなるんですよね。
 
あくまで僕個人的にですが、見てる先がバラバラでも、向かう先が同じとは限らなくても、いいと思っているんです。
 
バンドも人間関係も永遠ではないかもしれません。
でも今この瞬間に、5人肩並べて歩いているんだからいいじゃないのって。
そうやって笑って歩いて行ける時間を、少しでも長く居たいだけなんです。
 
そして、それが広がって、仲間が増えて、それを面白く思う人も増えて、そんなVorchaosを好きになってくれる人が増えて、なんなら全員で歩いていけたらそれで幸せだと思ってるんです。
 
そんで1万人とかで歩いていたら、ライブは武道館でやるしかないよね。
だって入らんもの。フハハ!
 
だいたいね、そもそも人生なんてよくわからんので
「あ、お前どこ行くの?面白そうだから俺も一緒に行くわ」
とか、そんなんでいいんじゃないかな。
テキトー。

ま、それはさておき。
今回はバンド、事務所、レコード会社の他に、「制作会社」というチームがありました。
ライブの流れ、進行、演出をトータルで手がけて頂いたのですが、新しい事の連続で僕たち自身が一番驚きました。
 
曲順や演出は、通常僕たちでも考えますけど、やはり客観的に見たVorchaosという部分では、ある意味我々にはわかりづらい所ですので、非常に興味深かったです。
いつも[この曲やったら大体次はこの曲]的なセオリーがあったのですが、全く関係なく曲が並び、この発想はなかったけどこの曲の次のコレは最高だ!というアイデアが随所にあり、いつも速い曲の後に、落とすイメージで演っていたミドルテンポの楽曲は、スローな曲の後にやるとやたら速く感じる!なにこれ新感覚!!
まさに新しいVorchaos!
 
そして音響、照明チームの手により、楽曲の力、自分たちのパフォーマンスを10倍、20倍に引き上げて頂きました。
他にも自分たちがやりたい事、思う事をただやっていると気づかない部分が沢山ありました。
 
とはいえ、1を10倍にしてもイマイチなので、
自分たち自身が100だの1000とかあれば、またいい感じなので、
Vorchaos自体がもっと大きくなる必要を感じました。
これが今回一番大きかった気がします。
0に10掛けても0ですからね。
でもバンドなのに0って逆にスゴイなお前らなんやねんって感じですけど。
 
そんなこんなで、今更ですがアーティストにとってかなり重要な要素を、ようやく理解できた感じですが、まだ気づきを得た段階なので、ここからさらに進化できそうな予感!!
こういうのが楽しいのです。
 
そうして得たモノをぶち込み、もっともっと強いバンドになって、また1年進んでいきます。
その過程も含めて、楽しんでもらえたら嬉しいです。
みんなで楽しく行きましょう!
 
と今回はここまで、また次回お会いしましょう!!


 
【Vorchaos 】
Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website
 

【Vorchaos Live Schedule】

2月25日(日)渋谷THE GAME
I Promised Once × SHIBUYA THE GAME PRESENTS【Salvation is GAME】
OPEN16:30/START17:00 ADV/DOOR ¥2,800/¥3,300 +1drink
Act: I Promised Once、Vorchaos、Unveil Raze、Broken By The Scream、Oath of Allegiance、Crisis Slave 、FAKE ISLAND 、TELECiDE
DJ:MITU 、rikiya.A(THEMOMENT)
チケット:1.e+、2.バンド予約   入場順:1→2


2月26日(月) ESPミュージカルアカデミー
「USB」ESPミュージカルアカデミー・卒業制作ライブ
会場:ESPミュージカルアカデミー9号館B1ホール
OPEN17:00 START17:30
Act:松田栄作/ユイ/Vorchaos
入場:無料(どなたでもご入場可能)
当日16:40より整列開始、整列順の入場となります。


3月4日(日)渋谷THE GAME
MITU presents「THIS LIVE」
OPEN17:30  START18:00 ADV.¥2,500 DOOR¥3,000(+Drink)
Act: LOKA、SILHOUETTE FROM THE SKYLIT 、Soldier who fights against Pain 、Vorchaos 
DJ: 愁(THEE MAD COUNTRY'S STORE)、 hiLo(KAVANE Clothing) 、DJ狂犬(LOUD ROOTS) 、DJ KAORU
チケット:1.e+、2.バンド予約 入場順1→2


Vorchaos Proudly Presents“Vortex of KAWASAKI!!”Vol.8
3月31日(土)川崎セルビアンナイト
OPEN17:15 START18:00 前売3,000円、当日3,500円(D別)
Act:Vorchaos、exist†trace、Unveil Raze、矢島舞依
チケット:1.手売り(A001〜)、2.e+ (B001〜)、3.バンド予約、4.当日券
入場順:1と2の並行入場→3→4

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。

【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。

【第1回】自己紹介
【第2回】ギターアンプについて
【第3回】日本のギターも素晴らしい
【第4回】バンドマンと楽器プレイヤー
【第5回】久しぶりにCDを買うと・・
【第6回】バンドにとってのワンマンライブ
【第7回】ラウドロックというものについて
【第8回】続けること
【第9回】僕の愛機はDEAN GUITARS。
【第10回】DEAN vs S7G 渋谷バトル!
【第11回】楽器メーカーの想い,プレイヤーの想い
【第12回】メジャーデビュー!&コラム1周年!
【第13回】Vortex が Chaos なんだぜ。
【第14回】Vorchaos的メジャーとインディーズの違い
【第15回】ツアーの醍醐味
【第16回】エフェクターの話
【第17回】ドクターマーチンの話
【第18回】ギターインストの楽しさ
【第19回】アルバムのリリース・ツアーってさ。
【第20回】ベトナムでロックした話
【第21回】その人にしか出せない音という境地
【第22回】岡山でマーティーさんと共演した話
【第23回】やれる時にやっといたほうがいいんだなって話
【第24回】今年もお世話になりましたご挨拶的な
【第25回】今年もよろしくお願いします
【第26回】メジャーデビュー1周年ライブをやったのさ
【第27回】ラジオ番組始まるってね
【第28回】ラジオの話
【第29回】オランダのバンドとツアーした話
【第30回】韓国でメタルした話
【第31回】ギターピックの話
【第32回】再びベトナムでロックした話
【第33回】マイケル・シェンカー・フェストを見た!!
【第34回】岡山—倉敷の話